HOME > REPORT

アジャイル開発に不可欠な5つのプラクティスを知ろう「ON AIR #1 レガシーコードからの脱却」レポート

update : 2020.09.10
text : subaru nakazono

Builders Boxが企画・運営する「Builders Box - ON AIR」は、世界で活躍できるエンジニアになるための知見を共有するイベント。2020年8月30日にその第一回をオンライン配信で開催いたしました。本イベントでは『レガシーコードからの脱却』の著者David Bernstein氏が、すべてのソフトウエア開発者が知るべきアジャイルの開発手法について解説。そしてイベント後半では、株式会社アトラクタ 代表取締役/アジャイルコーチであり『レガシーコードからの脱却』翻訳者の原田騎郎氏が、David氏の講演についてディスカッションを交えながらふり返りました。


オープニング 〜日本のエンジニアリングが世界で活躍できる未来を〜

開会のあいさつを述べたのは、Sansan株式会社 Chief Technology Officer(CTO)の藤倉成太。視聴者に感謝の言葉を述べた後、Builders Boxを立ち上げた経緯を説明しました。

Builders Boxは「日本のエンジニアリングが世界中で活躍できる未来をつくる」というコンセプトのもと今年5月にローンチしたプロジェクトです。現在、ソフトウエアサービスは世界中の至るところで開発され、私たちの日常生活や仕事を支えています。GoogleやFacebook、Amazon、Uber Eatsなど、私たちにとって身近なサービスの多くは海外で開発されたものです。一方、世界中の人々に使われている日本のサービスはそれほど多くありません。

「日本国内だけではなく世界中で使われるサービスを開発することは、エンジニアにとって非常に刺激的な仕事です。せっかくエンジニアになったからには、そんな心が躍るようなものづくりがしたい。ひいては、日本で開発された多くのサービスが世界中で使われる未来になってほしい」そんな思いから、Builders Boxを立ち上げたと藤倉は語ります。

Sansan株式会社では、世界の市場で成果を出すべくエンジニアたちが一丸となってプロダクト開発に向き合っています。その過程で得た知見を還元しようと、これまでSansan社内のエンジニアが情報を発信する場をつくってきました。活動を通じて、社内外の多くのエンジニアの方々と接するなかで、日本のエンジニアリングへの期待感やエンジニア同士が交流できる場づくりの重要性を実感。その思いを形にしたのがBuilders Boxなのです。

「日本のソフトウエアエンジニアリング全体を応援して、ひとつでも多くの日本のサービスがグローバルで使われる未来に貢献できればと思っております」と藤倉は結びました。


アジャイル開発に不可欠な5つのプラクティス

次に登壇したのは『レガシーコードからの脱却』の著者であり、To Be Agile創設者のDavid Bernstein氏。人を惹きつける満面の笑みで「みなさんに共有したいことがたくさんあります」と述べた後、モダンアジャイルソフトウエア開発に欠かすことのできないエクストリームプログラミングにおける、5つのプラクティスを紹介しました。

ひとつめのプラクティスは「CI(Continuous Integration:継続的インテグレーション)のためのビルドの自動化」です。CIを導入することの大きな利点は、「開発者が迅速かつ詳細なフィードバックを得られるようになること」であるとDavid氏は解説します。

そしてCIを実現するうえでは「自分たちが望むときにいつでもデプロイできる状態になっていること」「ビルドが自動かつ高速で実行され(数秒以内)、呼び出しが簡単(ワンクリック)であること」「1日複数回、必ずコードがインテグレーションされるようになっていること」などが重要であると提唱。

「CIの構築・設定には一定の工数がかかりますが、その何倍もの恩恵をCIは開発チームへともたらしてくれるはずです」と、David氏はCI導入の必要性を説きました。

ふたつめのプラクティスは「ペアプログラミングを通してのチームメンバーとのコラボレーション」。チームをより良いものに改善し、エンジニア全員が成長していくには、メンバー同士のコラボレーションが重要です。

David氏はその概念を「企業におけるソフトウエア開発は社会的な活動」という言葉で表現しました。このフレーズが示すように、メンバー同士の知識や知恵を共有しあい、チームや企業の総合力を高めていかなければ、ソフトウエア開発はなかなかうまくいきません。...

Builders Boxに登録して全ての記事を読む

Others